たまこん

人の天命には2つの要素があります。

まずひとつはあなた自身のアイデンティティである「哲学、美学」
これは【その2】でお話ししたことです。

そしてもうひとつは「他人との関わり方」です。

人は家族や友人、仕事や趣味といった環境の中でさまざまな関わりを持ちます。
その関わりの中であなたはどんな役割を果たすのか、ここが重要なポイントな
のです。全体の中で自分が果たすべき役目、いるべきポジション、そして責任。
これが本来の自分にマッチすると、ことがうまく運ぶようになります。

魂の道

樹木に喩えます。木は幹を伸ばし、太く天に向かって伸びていきます。これは
樹木の衝動です。同時に樹木は枝を広げ、花を咲かせ実をつけます。しかし花
や実は樹木自身は味わえません。まわりに捧げるだけです。きれいな花は見る
人を喜ばせます。美味しい実は周囲の動物や人間の喜びにつながります。樹木
に限らず、天地が創造した自然の産物の役割はすべて「自身の天命に従う衝動」
と「周りとの関わり」とで構成されているのです。人も天地が創造した自然の
産物であることに変わりはありません。人も樹木も同じなのです。

関わり方については無限にあります。たとえば例を挙げますと「つなげる」「
整える」「調和させる」「引っ張る」「見せる」「分かち合う」「導く」「教
える」「伝える」「広める」・・etc。僕の場合はメインが「導く」です。そし
て今年に入って「伝える」が発動し始めています。だからブログ書いてるわけ。

この関わり方、これこそがビジネスをデザインするうえでとても大事なところ。
僕の場合は「導く」、これを中心軸にビジネスをデザインするわけです。導きは
基本マンツーマンですから1対1のメニューが中心になります。講師の仕事は1対
多数、しかも「教える」ですからメニューから外します。現に「教える」を持っ
ていないときに講師の仕事を頑張ってもなかなか発展しないものです。これに気
づかないと数ヶ月、または数年を“頑張って”過ごすことになります。こういう時
期はたいてい自分ではない他の人がその役割を担ってくれることになっています。
自分が頑張ると、それはその人の役割を奪うことになります。周囲をよく観察し、
環境や社会全体を俯瞰する視点を持つことです。

魂の戦略コンサルティングでは、あなたの持っている「他人との関わり方」を見
抜き、それをもとにあなただけのビジネスを一からデザインしていきます。ああ
しなさい、こうしなさいとノウハウを一方的に渡すのではなく、一緒にデザイン
していくプロセスを共有するので、その後のリニューアルはあなたが自分ででき
るようになれます。仕組みが分かっているからこそできることです。

【その4】に続く



***********************************

魂の戦略コンサルティングにご興味のある方は、まずは個別ガイダンスから
コンサルセッションを受けていただいた方のご感想はセッションのご感想