tenkai


戦国の世においての軍師の本来の役割について
1.軍事
2.政治
3.宗教
というところまで書きました。

ここが軍師に僧侶が多かった理由と考えられます。戦をすることが前提で役割が
おかれている軍事参謀とは、この点において大きく異なるわけです。さて現代に
おける軍師とはいったいどのような役割になるのでしょうか。軍事とは現代のビ
ジネスにおいて競争をいかに勝ち抜くか、いかに顧客を獲得するか、いかにシェ
アを伸ばすかといったテーマに置き換えられます。この役割を主に担っているの
がコンサルタント業ということになります。

そして政治、これはいわば世創りです。ビジネスと世創りとは一見関係なさそう
に見えますが、実はビジネスとは世創りそのものなのです。ビジネスとは商品や
サービスを売ることではありません。

ビジネスとは「商品やサービスを通して顧客を幸せにすること」なのです。

顧客にどのような幸せを届けたいのか。顧客がどんな幸せになって欲しいのか。
これはまさに世創りそのものです。理想社会の創造こそがビジネスの本質である
と言えるでしょう。

さらにはそこに「あなたの生かし方」を重ねる必要があります。描いた理想社会、
顧客の幸せ。そこにあなたにしかできないことを当てはめ、未来をデザインする
のです。それには強い推進力が必要です。うまくいかなくても成功するまでやり
遂げる力。ブレない自分軸です。命の使い途をはっきりさせるのです。

これこそがあなたの「魂の道」となります。

これを導き出すには深い精神哲学に軸足をおいた意識探求が必須となります。ス
ピリチュアリズムに重きをおいたカウンセリング、コーチングが役に立ちます。
このあたりは一般のコンサルティングでは扱われていない分野であります。

したがって現代の軍師とは

1.ビジネスの業績の向上
2.顧客の幸福の創造
3.己の魂の道を見出す

主君であるクライアントのこれらのテーマの具現化にすべてを捧げていく。
これが現代の軍師である、と定義されるのです。

【その3へ続く】


***********************************


毎日30秒で読める101コの気づき
戦わずして克つための無料メルマガ

「戦わずして克つ」101の気づき 

101の気づきグレーバック